ETCカード 自営業

高速道路を通るなら絶対ETCカードがおすすめ

高速道路を通行する際に、気になるのが高速道路の通行料金です。

 

高速道路の通行料金は以外に高く、昔であれば回数券などがあって割引がありましたが、現在はその制度もなくなってしまい、高速道路を安く利用することが出来る方法が少なくなりました。そんな中で、高速道路をお得に通行できるのは間違いなくETCカードです。

 

ETCカードであれば、休日割引、深夜割引、大都市近郊区間割引など、様々な割引サービスが利用できます。

 

私の住む地域でも、大都市近郊区間割引が適用できて、地方へ旅行へ行く際には、高速料金が半額で利用できてしまいます。

 

中心部で、車が頻繁に通行する区域以外では高速道路の利用促進を図るために料金割引が高い地域が多くなっています。この時に注意するのが乗車するインターチェンジです。

 

隣接するインターチェンジ同士でも、片方のインターチェンジでは乗車した場合料金は通常料金で、もう片方から乗車すると半額の割引料金が適用されるという場合があります。これは、割引区間計算のはじめのインターチェンジが近くにある場合に起こりうる問題です。

 

 ETCカードを選ぶ際には、クレジットカード機能が付いていないETCカードを使用することが最も安全です。ETCカードはうっかり車内に取り忘れてしまうこともあるので、盗難等の危険性から守るためには、ETCカード専用カードを使用することがベストです。

 

ETC専用カードであれば、ETCを通行する際の料金の引き落としにしか使用することが出来ないので万一の盗難の際にも、被害を軽減することができるといえます。

 

 ETCカードを利用しないと高速通行時には大きな損をするといえるので、まだETC車載器を積載していない方は、積載することをおすすめします。